ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  インターネット >  Chromeを高速化!転送データを圧縮して読み込み速度を速くする拡張機能Data Compression Proxyの紹介

スポンサーリンク

Chromeを高速化!転送データを圧縮して読み込み速度を速くする拡張機能Data Compression Proxyの紹介

Data Compression Proxy6 10-03-36-780

概要
Chrome拡張機能は広告をブロックしたりソーシャルボタンを追加したりなど数多くありますがページの読み込み速度を高速化するといったものはあまり見かけませんでした。今回紹介するChrome拡張機能「Data Compression Proxy」は、Webのページ読み込み速度を高速化してくれる拡張機能です。転送するデータを圧縮するためにWeb上の画像や動画などのコンテンツを高速化出来るみたいです。iPhoneやAndroidで利用するChromeのモバイル版の機能「転送するデータ量を減らしてページの読み込み速度を向上させる」を用いた拡張機能です。

Data Compression Proxy
サイト先 : コチラ



導入方法
1、上記サイトへアクセスし拡張機能Data Compression Proxyを追加します。


使い方
2、ブラウザ右上にアイコンが追加されます。

Data Compression Proxy3540a3b.jpg

3、アイコンの色が緑色の場合データの圧縮転送が有効になっている状態です。

4、アイコンをクリックするだけでON、OFF切り替えが可能です。

Data Compression Proxy0df.jpg

5、「chrome://net-internals/#bandwidth」とアドレスバーへ入力すると転送量、圧縮量などの確認が可能です。

Data Compression Proxy-52-715


雑感
こちらで検証してみましたが体感できるほど高速化している感じではありませんでした。転送量、圧縮量などの確認をするとわずかに圧縮されている感じですね。補足ですがこの拡張機能は外国のプロキシを使っているみたいでこの拡張機能を入れると日本でしか使えないサイトが使えなくなる可能性があります。艦これやニコニコ動画など。ですので変化が感じられないなら使用は控えたほうがいいかなと思いました。 ということで、入れておくと高速化はされているみたいですので動作が重くて困っているという方はとりあえず入れてみてはどうでしょうか。

以上ギャッターでした。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2014年12月16日] カテゴリ:インターネット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク