ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  悪用厳禁サイト・ツール・小技 >  PS3のエミュレータでぼくのなつやすみをプレイしてみた

スポンサーリンク

PS3のエミュレータでぼくのなつやすみをプレイしてみた

bandicam 2018-09-06 01-01-31-880

概要
今回はエミュレータのお話です。ある日、倉庫の
整理をしているとPS3ぼくのなつやすみ3の
ソフトが見つかりました。これが無性にプレイしたくなり、いてもたってもいられなくなりました。
しかし、PS3ゲーム機本体がなくて購入しようかと考えたものの
アナログテレビ並みのスペースと重量がかかることから断念。

そこであることを思いつきました。パソコンでPS3ってプレイできるんじゃないの?と。
さすがに10年も前のゲーム機なんてサクサク動くだろうとPS3エミュレータというものを
使ってぼくのなつやすみをプレイしてみることに。PS3エミュレータとは、
パソコンでPS3同様のゲームをプレイするソフトです。今回は主にPS3のエミュレータソフトである
RPCS3というソフトの使い方とPS3の起動までの流れ、そして実際にプレイできるのか
検証していきたいとおもいます。



エミュレータの違法性について
エミュレータソフトについては違法性はありません。ただしエミュレータで遊ぶための
ソフトとなるISOやROMは、インターネット上からダウンロードすると違法なので注意してください。
自分が持っているソフトを吸い出すことはギリギリ大丈夫なようですが
プロテクトを解除しなければならないようなソフトは吸い出してもアウトですので注意してください。




エミュレータのメリット
・ゲーム機械なしで遊べる
・実機よりも高画質で遊べる
・場所をとらない




エミュレータのデメリット
・手間がかかる
・ハイスペックなパソコンが必要




必要なスペック
CPU→Core i3以上
メモリ→4GB以上
GPU→GTX550以上
が最低のスペックとなっています。
こちらのパソコンのスペックは
CPU→i7
メモリ→8GB
GPU→GTX950M「ノートパソコン」
です。




RPCS3とは
RPCS3とは、PS3を動作させる機械のようなものです。
他にもPS3のエミュレータソフトはあるんですが更新が多く一番安定している
ということで今回はRPCS3で検証してみます。




あれば良いもの
・コントローラ
キーボードでもプレイできる仕様ですがせっかく遊ぶなら
コントローラがあると良いです。




RPCS3を導入編
RPCS3をダウンロードします。
「Download」を開きます。


bandicam 2018-09-06 00-57-06-477


ページ下部に「Download for Windows」または「Download for Linux」を選び
RPCS3をダウンロードします。
※広告ブロックツールを入れているとダウンロード出来ないので
一時的に解除しましょう。


bandicam 2018-09-06 00-57-13-113


ファイルを解凍すると内部に「rpcs3」というのがPS3本体となる部分です。


bandicam 2018-09-06 00-57-22-670


起動した画面。


bandicam 2018-09-06 00-57-31-134




PS3 Firmware導入編
コチラからPS3UPDAT.PUPを
ダウンロードします。


bandicam 2018-09-06 00-57-37-576


RPCS3で「File」→「Install Firmware」でダウンロードしたPS3UPDAT.PUPを
指定します。


bandicam 2018-09-06 00-57-45-457


bandicam 2018-09-06 00-57-52-509


この作業がいまいち何なのか分かりませんが
これをしないとプレイできないようで。。。




吸い出し編
おそらくここが一番大変な作業ポイントとなります。
パソコンのドライブにPS3ソフトを入れて、、、。いやBDドライブが必要です。
幸いなことに私のパソコンはBDドライブ内蔵でしたのでこのまま進行しますが
無ければあきらめましょう。わざわざドライブを買うとPS3が買えちゃうので!。。

ImgBurnといったISO吸い出しソフトでPC内へ保存します。

ここからは、サラッと流しておきます。
詳しいことは調べましょう。

irdファイルの取得を行います。
※PS3ソフトを持っていることが前提です。
無いまま取得すると違法なので注意してください。

ISOとirdを適合させます。




プレイ編
それではプレイしていきます。「Open」から
フォルダを選択します。

うまくいけばゲームタイトルが追加されます。
タイトルを右クリックし「Boot」で起動。


bandicam 2018-09-06 00-58-09-663


この時はコントローラを使用しております。
「X」でOKなのでXを押します。


bandicam 2018-09-06 00-58-12-572


いよいよ始まりましたね。あれ?


bandicam 2018-09-06 00-58-15-050


あれあれ?赤い。。。


bandicam 2018-09-06 00-58-16-356


ん?


bandicam 2018-09-06 00-58-17-386


うわー!!全てが赤いぼくのなつやすみが始まりました。


bandicam 2018-09-06 00-58-18-512


ここからは私のパソコンのスペックでどれくらい動作するのか
みていきましょう。


bandicam 2018-09-06 00-58-19-670


いやぁなつかしい。何組と名前を入れます。
結構サクサクですよ。


bandicam 2018-09-06 00-58-20-990


オープンニングムービー!普通にきれいです。


bandicam 2018-09-06 00-58-22-037


うんうん。順調です。


bandicam 2018-09-06 00-58-23-868


と、ここで停止。。。。


bandicam 2018-09-06 00-58-24-876


設定を変えますね。初期値では「GPU」が
OPENGLと、わからないものになっているので
GPUをGTXにしました。そして「Save」は忘れないように。


bandicam 2018-09-06 00-58-25-882


再びスタートします。スタートボタンで
ムービー中にスキップすると停止してしまう
バグがかるのでスタートボタン禁止縛りです。


bandicam 2018-09-06 00-58-28-177


いい感じ。このシーン、かなり気に入っています。
なんだかなつやすみが始まるって感じで!


bandicam 2018-09-06 00-58-29-217


オープニングムービーもしっかりと流れて
声も普通にきこえます。FPSも58~60と安定。
GPUの選択は正しかったようです。


bandicam 2018-09-06 00-58-30-152


ちょっと地方の方へ行くとこんな感じの直売所があるんですよ。
ここで飲む牛乳やソフトクリームはまたおいしい!


bandicam 2018-09-06 00-58-31-059


車に揺られる謎の女の子。


bandicam 2018-09-06 00-58-32-189


ここって時計台?


bandicam 2018-09-06 00-58-33-269


あ、駅か!


bandicam 2018-09-06 00-58-34-303


ここからデッドゾーンに入ります。


bandicam 2018-09-06 00-58-35-629


とにかく赤い。なぜ、、、?


bandicam 2018-09-06 00-58-36-759


夕日が差し込んでいるようにもみえます。
眩しいのか、ボク君の顔にはゴーグルが!!


bandicam 2018-09-06 00-58-37-933


まぁプレイできないことはないんですが
FPSが1~20なので安定しません。


bandicam 2018-09-06 00-58-39-122


とりあえず草すべりと。体が消えてない?


bandicam 2018-09-06 00-58-40-285


よし。


bandicam 2018-09-06 00-58-41-392


お?直った!と喜ぶ2秒後に停止。


bandicam 2018-09-06 00-58-42-609


プレイ動画も載せておきます。






各種RPCS3のインタフェースの説明
プレイに関わる動作やグラフィックなどの設定について英語表記なので日本語で
軽く説明しておきます。もしかしたら今回赤い画面が表示されていたのも
この設定を変えたら直るかもしれません。

「Configuration」の「CPU」から設定画面を開くことが出来ます。
※詳しい用語は分からないので違ったすみません。

まずはCPUの設定画面について説明します。


bandicam 2018-09-06 00-58-51-985


・PPU Decoder
 ・Interpreter(precise)→これは最も正確な処理プログラムですが
ゲーム速度を遅くしてしまいます。バグやクラッシュが起きたらこれを
選択すると改善するかもしれません。分からなければ
Interpreter FastかReccmpiler (LLVM)を選択しましょう。
 
 ・Interpreter(fast)→これは最も速い処理プログラムです。
ゲームのクラッシュは起きにくい。

 ・Recompiler (LLVM)→ゲーム起動前にゲームのファイルを再コンパイルします。
これは常に使用する必要があるため互換性の問題が生じたらこちらを。

・SPU Decoder
 ・Interpreter(precise)→これは非常に遅いんですが一部のゲームでは
グラフィックのバグを修正してくれる可能性があります。

 ・Interpreter(fast)→必要なしなのでチェックは不要。

 ・ASMJIT Recomiler(fastest)→非常に高い互換性を持つ最速のオプション。

 ・LLVM Recomiler(experimental)→実験的なオプションでパフォーマンス向上に良いが
ゲームクラッシュする可能性があります。

・Firmware Settings
 ・Automatically load required libraries→ロードするLLEライブラリを自動的に選択します。

 ・Manually lcad selected libraries→ロードするLLEライブラリを手動で選択できます。
わからない場合はこのオプションを使用しないでください。

 ・Load automatic and manual selecticn→ロードするLLEライブラリを自動的に選択し
ユーザーが追加のライブラリを手動で選択できるようにします。
わからない場合は、このオプションを使用しないでください。

 ・Load liblv2.sprx only→これは、ゲームが実際のPS3で
システムモジュールファイルをロードしたりアンロードしたりするもの。
これが一番好ましいオプションです。

・Additional Settings

 ・Enable thread scheduler→RPCS3が特定のタスクを実行するように
物理コアを手動でスケジュールすることを許可してくれます。
Windowsや特にAMD Ryzenシステムで非常に役立ち
グラボのパフォーマンスを発揮してくれます。
 
 ・Lower SPU thread priority→優先度の低いSPUスレッドを実行します。

 ・Enable SPU loop detection→パフォーマンスが向上しCPU使用率が低下します。

 ・SPU Cache→通常は有効にしておく必要があります。
キャッシュが大きすぎる場合は、これを無効にしてください。

・Preferred SPU Threads→これを小さい値に設定すると
一部のゲームではパフォーマンスが向上します。
小さい値にしてもパフォーマンスに影響が出ればautoにしておきましょう。

・SPU Black Size→コンパイルされたユニットのサイズを制御します。

・TSX Instructions→私のパソコンのCPUには対応していないとのこと。



続いて「GPU」の設定画面の説明です。


bandicam 2018-09-06 00-58-53-948


・Renderer→Vulkanは最も速いレンダリング、OpenGLは最も正確なレンダリングです。
Vulkanは、グラボの選択ができます。

・Graphics Device→グラボの選択。

・Aspect Ratio→アスペクト比に設定。

・Framelimit→FPSの上限設定。

・Anisotropic Filter→値を大きくするとGPUリソ​​ースを犠牲にして
テクスチャのシャープネスが向上します。
最新のGPUはこの設定を16xでもうまく処理できます。
PS3で使われているのはautoです。

・Anti-Aliasing→Resolution Scaleが100%以外の値に設定されている場合
こちらの項目は設定できません。解像度の互換性を調整できます。

・Default Resolution→ゲームの解像度です。
基本は1280x720です。低いほどFPSが安定します。

・Resolution Scale (Disable Strict Mode)→解像度の指定。

・Resolution Scale Threshold→このサイズより大きな
フレームバッファのみがアップスケーリングされます。
わからない場合は、この設定に触れないでください。

・Write Color Buffers→グラフィックス不足や明るさに不具合があれば
このオプションを有効にします。

・Use GPU Texture Scaling→大半のゲームではパフォーマンスが大幅に向上します。
ごくまれにテクスチャが壊れることがあります。

・Strict Rendering Mode→グラフィックやちらつきの問題を解決できます。
一部のゲームでパフォーマンスが低下することがあります。

・VSync→これをオフにすることでより高いフレームレートを得ることができます。

・Stretch To Display Area→アスペクト比を上書きし、画像を全表示領域に引き伸ばします。

・Disable Vertex Cache→キャッシュを無効にします。
グラフィックの欠損やちらつきを改善してくれる可能性があります。
パフォーマンスを低下させる可能性があります。

・Disable Async Shader Compiler→非同期シェーダのコンパイルを無効にします。
グラフィックを修正してくれます。

このCPUとGPUの設定項目がプレイ環境を大きく変化できる部分です。





雑感
さていかがだったでしょうか。PS3の機械をなめていました。
私のパソコンのスペックが悪いわけではないんですがGTX 1070あたりの
ビデオカード容量が32GBとかないとプレイできなそうです。ただRPCS3が現在も開発段階ですので
どんなに良いグラボを積んでいても完全動作は難しいとおもいます。それは何年後になるのやら。
というわけで普通にPS3を買いましょう!興味ある方はチェックしてみてください。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2018年09月06日] カテゴリ:悪用厳禁サイト・ツール・小技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク