ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  Windows・NET小技 >  ブラウザのキャッシュをRAMディスクへ移動して動作処理を高速化する方法

スポンサーリンク

ブラウザのキャッシュをRAMディスクへ移動して動作処理を高速化する方法

キャッシュをRAMディスクへ移動3-36-37-327

概要
最近ではパソコンの動作を少しでも早くしようと大容量のメモリを積んでいる方も少なくないでしょう。しかしメモリが余っている様でしたらRAMディスクを作成してパソコンをもっと快適にしてみませんか。今回紹介する内容は、フリーソフト「Dataram RAMDisk」で構築可能なRAMディスクの作成方法とブラウザ内のキャッシュをHDDではなくRAMディスクへ移動してブラウザの動作を高速化する方法の2つを紹介していきます。

RAMディスクを構築する手順
RAMディスクを作成するとどのようなメリットがあるのかいくつかまとめてみました。

・HDDやSSDの負担軽減→その結果HDDに無駄な断片化ファイルが出ない
・ブラウザ「InternetExplore、Firefox、Chrome」の挙動が劇的に軽くなる「今回はこれがメイン」
・画像編集ソフトや動画編集ソフトの挙動が軽くなる
・パソコンの速度が向上「TEMPフォルダをRAMディスクに移動」

注意 : RAMディスクの導入は簡単ですが体感的に速度向上がない場合使用しない方が良いです。

1、それではRAMディスクの構築をしていきます、RAMディスク構築ソフトはいくらでもあるのですが今回は「Dataram RAMDisk」というソフトで。下記サイトへアクセスます。
サイト先 : Dataram RAMDisk

2、下記画像の様な箇所から「DOWNLOAD SOFTWARE」をクリックします。

2キャッシュをRAMディスクに移動102a4.jpg

3、「No Thanks」にチェックを入れ「Submit」をクリックします。

2キャッシュをRAMディスクへ移動550971c.jpg

4、「here」をクリックするとソフト「Dataram RAMDisk」のダウンロードが開始します。

201キャッシュをRAMディスクへ移動0713b.jpg

5、Dataram_RAMDisk_4_4_0_RC31.msiを起動しインストールしていきます。

6、「I accept the terms in the License Agreement」にチェックを入れ「Install」をクリックしてインストールします。

キャッシュをRAMディスクへ移動5510644.jpg

7、Dataram RAMDiskを起動します。

2キャッシュをRAMディスクへ移動08d7a.jpg

8、「When I click start」→「create a new unformatted disk」を指定します。

キャッシュをRAMディスクへ移動06c3f.jpg

9、下記画像の様な箇所でメモリの割り当てをしてください。
・私のパソコンのメモリは4GBと少ないため512MBにしてあります、自分のパソコンの環境に合ったメモリを指定してください。

キャッシュをRAMディスクへ移動2156054b5.jpg

10、「Start RAMDISK」をクリックするとRAMディスクが作成されます。

キャッシュをRAMディスクへ移動66e.jpg

11、自動的に下記の様なダイアログが表示されますので「OK」をクリックします。
※表示されない場合14工程で可能。

201405キャッシュをRAMディスクへ移動10018.jpg

12、この状態ではまだRAMディスクは利用できないため「スタート」→「コンピューター」を右クリック→「管理」を開いてください。

キャッシュをRAMディスクへ移動5806a21.jpg

13、「記憶域」→「ディスク管理」を開いてください。

2014キャッシュをRAMディスクへ移動80895e.jpg

14、ボリュームが一覧表示されますので未割り当て「黒いバーのもの」を探してクリックします。
※ディスクの初期化をする場合下記画像の様に「初期化されて・・・」を右クリックし「ディスクの初期化」をクリックし「OK」をクリックします。

2キャッシュをRAMディスクへ移動402f7.jpg

15、続いて黒い部分を右クリックし「新しいシンプルボリューム」をクリックします。

キャッシュをRAMディスクへ移動3347e5.jpg

16、「次へ」をクリックします。

20キャッシュをRAMディスクへ移動235.jpg

17、サイズを設定して「次へ」をクリックします。
※変更する必要はありません。

キャッシュをRAMディスクへ移動0338210.jpg

18、「次のドライブ文字を割り当てる」にチェックを入れて分かりやすいように「Z」あたりを指定して「次へ」をクリックします。

2014キャッシュをRAMディスクへ移動9889.jpg

19、「次へ」をクリックします。
※画像では「ボリューム」となっていますが「ボリュームラベル」を「RAMDISK」など分かりやすいものへ書き換えてください。

20キャッシュをRAMディスクへ移動51292f.jpg

20、「完了」をクリックします。

キャッシュをRAMディスクへ移動50967e.jpg

21、「コンピュータ」を開き下記の様に作成されていればRAMディスクの作成は完了です。

2キャッシュをRAMディスクへ移動53df5.jpg


ブラウザのキャッシュをRAMディスクへ移動する手順 FireFox編
1、ロケーションバー「URL入力欄アドレスバー」に「about:config」と入力します。

2、「細心の注意を払って使用する」をクリックします。

2キャッシュをRAMディスクへ移動53860.jpg

3、画面上で右クリック→「新規作成」→「文字列」を開いてください。

キャッシュをRAMディスクへ移動707b0e.jpg

4、「browser.cache.disk.parent_directory」と入力し「OK」をクリックします。

20キャッシュをRAMディスクへ移動935e.jpg

5、続いて先程作成したRAMディスクの場所を入力して「OK」をクリックします。
※作成したドライブ文字と:\とドライブ名を入力。こちらの場合Z:\RAMDISK

201キャッシュをRAMディスクへ移動0657e75.jpg

6、FireFoxを再起動してください。

7、FireFoxのキャッシュがRAMディスクへ移動したか確認するにはロケーションバーにて「about:cache」と入力してください。

8、Cache Directoryが作成したRAMディスクを指定していれば完成です。

20キャッシュをRAMディスクへ移動4dc6.jpg


ブラウザのキャッシュをRAMディスクへ移動する手順 Chrome編
1、スタート→「Chrome」と入力しアイコンを右クリックし「プロパティ」を開いてください。

20キャッシュをRAMディスクへ移動8466ce.jpg

2、「リンク先」からchrome.exeの最後に「 --disk-cache-dir="Z:\Chrome"」と入力し「適用」→「OK」をクリックすれば完了です。
Zはドライブ文字ですので皆さんと異なる場合がありますが:\Chromeは同じように入力してください。

キャッシュをRAMディスクへ移動848ac4.jpg


ブラウザのキャッシュをRAMディスクへ移動する手順 IE編
1、「ツール」→「インターネットオプション」を開いてください。

2、「設定」を開いてください。

キャッシュをRAMディスクへ移動131be8.jpg

3、「自動的に確認する」にチェックを入れてください。

2014キャッシュをRAMディスクへ移動de0.jpg

4、「フォルダーの移動」をクリックしRAMディスクを指定して「OK」をクリックします。

5、下記画像の様になっていれば完了です。

20キャッシュをRAMディスクへ移動8c6e.jpg


注意
RAMディスクは再起動したりパソコンを切れば消える仕組みとなっています。

下記の記事で電源を切ってもデータが消えないRAMディスクを複数作成できる「SoftPerfect RAM Disk」というものがありますのでよろしければどうぞ。
http://gigazine.net/news/20121206-softperfect-ram-disk/


雑感
少し長い記事になりましたがキャッシュをRAMディスクへ移動するだけでかなりブラウザの処理が高速になります。キャッシュの移動以外にもTEMPフォルダをRAMディスクに移動するとパソコン全体的に動作が軽くなり、またHDDやSDDの書き込み回数が少なくなり負荷軽減が可能ですので時間があればコチラの記事も試してみましょう。というわけで、キャッシュはHDDといった動作の遅いデバイスに置いておくとブラウザの処理も同様に遅くなりますので是非是非RAMディスク「メモリが余っているのでしたら」を作成しキャッシュをRAMへ移動してパソコンを快適にしてみては!

以上ギャッターでした。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2014年12月12日] カテゴリ:Windows・NET小技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク