ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  悪用厳禁サイト・ツール・小技 >  AniTubeの後継サイトAniTubeXについて実態調査

スポンサーリンク

AniTubeの後継サイトAniTubeXについて実態調査

AniTubeXの実態調査1

概要
先日AniTubeを始めとするいくつかのサイトがブロッキングされ
事実上の閉鎖ということで幕を閉じました。

そもそもブロッキングとは、アクセス先の遮断を行うことです。これをされた
サイトは、人が集まる一等地から無人島へ追いやられたような感じになります。
なので閉鎖せざるを得なくなります。しかし某サイトも今回の調査するAniTubeも
新規サイトで運営がされているようです。今回はAniTubeの後継サイトとして誕生した
AniTubeXについて実態調査していこうとおもいます。



なぜAniTubeが狙われてブロッキングされたのか?
現状、海賊サイトは星の数ほどありますがなぜこのサイトが
ブロッキングされたのでしょうか?

実は同時期にブロッキングされた他のサイトについて関連していえることが悪質性が
高いというところにあります。第1に削除申請に応じない点。そして刑事告訴した後も
コンテンツを削除しないこの2点が特に悪質度が高かったためということみたいです。



調査1、AniTubeXのサイト内について
サイトを見てみるとトップ画面からアニメのサムネイルが並んでいる状態。
サイトの上部あたりにある「ここで広告」とあるのは、現在広告を募集しており
さらにこの広告は匿名で出せるみたいなので
サイト運営者も色々と対策してきているような気がします。


AniTubeXの実態調査2


下へスクロールしてもコンテンツとコンテンツの山です。


AniTubeXの実態調査3


有名なアニメも普通に揃っていて全エピソード見れる状態でした。


AniTubeXの実態調査4


AniTubeXの実態調査5


再生ボタンで動画の再生が開始されますが
サイトの広告をブロックする拡張ツールを入れてると再生されません。


AniTubeXの実態調査6


AniTubeXの実態調査7



調査2、AniTubeXのアクセス数や国別アクセスについて
ここからはSimilarWebというサイトのアクセス数推移などの確認が
できるサービスを使って調査していきます。まずは国ランクから。
ドメインがブラジルなのかランクの検出がブラジルになっていますね。
以前のAniTubeも最初はドメインがブラジルでサーバーがアメリカでした。
ブラジル警察がドメイン主を取り押さえたというようなニュースがありました。
その後、ブラジルからのアクセスは遮断しブラジルでは法律が効かない状態ですが
日本からのアクセスは普通にできる状態でした。なのでおそらくまたブラジル警察が
ドメイン主を取り押さえて、みたいなことがループしていきそうですw


AniTubeXの実態調査8


こちらの画面は、AniTubeXのアクセス数ですね。
サイトの開設年は、2017年11月頃となっています。AniTubeがブロッキングされる前から
あったことになります。そして順調にアクセス数を伸ばして全体のアクセス数は270万人
のアクセスがあったことになります。そして平均滞在時間が14分と動画サイトならではの長さも
みてとれます。


AniTubeXの実態調査9


どの国からアクセスされているのかの地図となります。何やらブラジルからの
アクセスが多いみたいでブラジルってそんなに日本のコンテンツが好きだっけ?
その次が日本が来ていますがこれから有名になるほどランキングに変動がありそうです。


AniTubeXの実態調査10


AniTubeXへの流入サイトです。あるサイトでAniTubeXのリンクが貼られたとしたら
その貼られたサイトからAniTubeXへアクセスした際に測定される数値です。
大半が日本のサイトからです。


AniTubeXの実態調査11


AniTubeXにアクセスするまでの検索キーワードについてです。
AniTubeXと検索するよりもmeganitubeが多いみたいです。


AniTubeXの実態調査12


ソーシャルアクセスは、YouTubeに次いでTwitterが多い模様。


AniTubeXの実態調査13



雑感
おそらくですけど閉鎖したAniTubeとAniTubeXは、運営者が同じかもしれません。
ドメインがブラジルってだけが根拠の一つですが、まぁサイトデザインも似ていますし
そもそも名前が同じですからね。

こうやってブロッキングされても簡単に新規サイトが作られたら
本当にいたちごっこでしかありませんよね。違法サイトには広告を出稿できないように
するか、公式サービスがコンテンツについてもっと寛容になるべきだとおもいます。
日本のコンテンツは閉鎖的すぎでそのストレスが海賊サイトに繋がっている気もします。
今でこそ定額サービスがありますが、それでもまだまだ少なく
こういった公式の定額サービスが増えるほど海賊サイトの利用者数は減ってる傾向も
あるのでもう少し公式サービスにがんばってもらいたいかなと。

興味ある方はチェックしてみてください。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2018年05月09日] カテゴリ:悪用厳禁サイト・ツール・小技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

今週のおすすめ記事

ソフトを使わずパソコンでテレビを観る方法2選
ソフトを使わずパソコンでテレビを観る方法2選

カテゴリ
アクセス数

Pick UP
YouTubeで使える便利な機能や裏技のまとめ
YouTubeで使える便利な機能や裏技のまとめ


これは便利!Google Chromeのおすすめ拡張機能まとめ88個
これは便利!Google Chromeのおすすめ拡張機能まとめ88個


Webページ内に表示される広告を消すことができるAdblock Plusの紹介
Webページ内に表示される広告を消すことができるAdblock Plusの紹介


 チューナー不要!パソコンでテレビを視聴することができるフリーソフトまとめ
チューナー不要!パソコンでテレビを視聴することができるフリーソフトまとめ


 非会員でもFC2動画の視聴制限を回避してくれるサイトまとめ 2015年版
非会員でもFC2動画の視聴制限を回避してくれるサイトまとめ 2015年版


FC2動画の視聴回数制限を回避する方法まとめ
FC2動画の視聴回数制限を回避する方法まとめ


  非会員でもFC2動画を手軽にダウンロードする方法まとめ
非会員でもFC2動画を手軽にダウンロードする方法まとめ


意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ
意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ


ワンクリックでWindowsを高速化できるソフトX-TUNEの紹介
ワンクリックでWindowsを高速化できるソフトX-TUNEの紹介
スポンサーリンク

follow us in feedly
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ