ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  便利サイト >  今は有名なサイトの10年前がみれるサービス「Ten Years Ago」

スポンサーリンク

今は有名なサイトの10年前がみれるサービス「Ten Years Ago」

Ten Years Ago1

概要
YouTubeやAmazon、Appleなど今でこそ認知され有名になりましたが
10年前は、一体どのようなサイトデザインだったのか?

今回は、そんな10年前のサイトがみれるサービス「Ten Years Ago」の紹介です。
閲覧できるサイトは、YouTubeやAmazon、Apple、BBCなど15サイトです。



Ten Years Ago
サイト先 : コチラ


使い方
Ten Years Agoを開くと15サイトのロゴリンクがずらっと表示されます。


Ten Years Ago2


見たいサイトをクリックすると表示されます。
YouTubeですが今とは全く違いますよね。10年前だと日本語対応にもしていない時期かな?


Ten Years Ago3


こちらがAmazon。今はなくなりましたがメニューなど青い枠が
囲まれていたのが懐かしい。


Ten Years Ago4


Appleサイトです。こちらは、10年前もシンプルなデザインで今とさほどかわってないですね。


Ten Years Ago5



雑感
対応しているサイトが15サイトと少ないんですが
Wayback Machineというサイトでも
過去のサイトをさかのぼって閲覧することができます。

興味ある方はチェックしてみてください。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2018年04月26日] カテゴリ:便利サイト | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク