ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  システム向上 >  Chromeブラウザのメモリ減少とタブ整理ができるOneTabが予想以上に便利

スポンサーリンク

Chromeブラウザのメモリ減少とタブ整理ができるOneTabが予想以上に便利

OneTab10.jpg

概要
GoogleChromeのブラウザは、動作が速くてシンプルなので使い勝手が良くて
ずっと愛用しているブラウザソフトなんですが、その便利さ上についついタブを
開きすぎてしまうなんてことはよくあります。タブを開きすぎると探すのが大変ですし
さらにパソコンのメモリの半分以上がこのブラウザにとられてしまいますよね。

そこで今回紹介する「OneTab」は、GoogleChromeブラウザの
メモリを減少しタブの整理に特化したGoogleChrome拡張機能です。



OneTab
サイト先 : コチラ


使い方
OneTabを導入するとブラウザ右上にアイコンが追加されます。


OneTab20.jpg


このアイコンをクリックするだけで全てのタブの活動を停止してくれます。
冷凍保存状態のようなものです。ここからは冷凍保存と命名しますw
冷凍保存されたタブはこのように一覧表示で確認することができて
メモリの減少とタブの整理に非常に役に立ちます。


OneTab30.jpg


現在16個のタブを開いている状態のメモリの使用量は
パソコン全体として59%でした。


OneTab40.jpg


冷凍保存状態にすると47%までメモリが減少し体感的にも動作が軽くなった
のがよく分かります。


OneTab50.jpg


タブの冷凍保存を解凍するには個別でサイトをクリックするか
「すべてを復元する」から全タブの復元が可能です。
※ただしいくつかのサイトではうまく復元しない時がありました。


OneTab60.jpg


ページ上で右クリックのOneTabアイコンでタブの色んな送り方ができます。


OneTab70.jpg



雑感
一部不具合がありますがとにかく便利なのでChromeブラウザの標準機能として
搭載しておいてほしいです。何よりもメモリの減少ができたことに感動です。
これによって今までPCゲームをするときは
ブラウザを全て閉じてメモリを開放していたんですが
この拡張機能だとタブを消すことなく
冷凍保存状態においておけるので便利の一言ですよねー。

さらにタブの一覧表示についても以前見たタブはどこだっけ?を防いでくれて
非常に頼もしい拡張機能でした。

興味ある方はチェックしてみてください。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2018年04月22日] カテゴリ:システム向上 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク