ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  Windows・NET小技 >  パソコン周辺を無線LANスポット化する方法

スポンサーリンク

パソコン周辺を無線LANスポット化する方法

bandicam 2017-11-03 14-58-00-680

概要
今のご時世、あまりないと思うのですがルーターが有線のみに対応して
無線には対応していなかったりします。
スマートフォンなどの端末でWiFiを使えないという自体が発生します。

そんな時に便利なのがパソコンそのものをルーター化し無線LANスポットに
する方法があります。



条件
・手軽に行いたい場合は、Windows10がおすすめ。それ以外のOSは記事の下部を参照ください。

・パソコンに無線LANが内蔵されていること。
デスクトップPCなどパソコン本体に無線LANが内蔵されていない場合は、USB接続で
利用できるWiFiアダプタを別途購入すると良いです。



無線LANスポット化する方法「Windows10編」
ここでは、Windows10での設定方法をご紹介します。
スタートメニューから歯車アイコンの「設定」を開きます。

「ネットワークとインターネット」を開きます。

左タブの「モバイルホットスポット」を選択し「編集」を開きます。

ここでネットワーク名とパスワードを入力し「保存」をクリックします。

「インターネット接続を共有する」にて、パソコン側の接続方法を設定します。

そして「インターネット接続を他のデバイスと共有します」を「オン」にすると
周辺が無線LANスポット化状態となり
iPhoneやAndroidなどの端末でも接続できるようになります。



無線LANスポット化する方法「Windows7/8.1編」
続いてWindows7/8.1の場合の設定方法をご紹介。

Windows7/8.1は、標準機能でルーター化できないのでソフトVirtual Routerを使う必要があります。
ダウンロードしインストールします。

プログラムファイルからVirtualRouterClientを起動します。


bandicam 2017-11-03 14-42-39-913


「Network Name」には、アクセススポットの名前で分かりやすい名前を入力しましょう。
ここでは「QWERTY」と入力しました。次に「Password」は、接続する際のパスワードで
8文字以上入力が必要です。


bandicam 2017-11-03 14-44-28-782


「Shared Cinnection」からは、パソコンの接続方法を指定。

「Start Virtual Router」をクリックすると無線LANスポット化されます。

試しにiPhoneで無線スポットを確認すると先ほど設定した「QWERTY」のネットワーク名が
表示されています。あとは設定したパスワードを入力するだけで接続できます。


image.png


外部端末機器と接続している場合は、ソフト側では以下の様に表示されます。
「Stop Virtual Router」をクリックすると接続が中止されます。


bandicam 2017-11-03 14-46-01-322




雑感
ホテルに行った際なんかは、有線接続だけだったり、
部屋の位置関係の都合で無線が届きにくいときは
パソコンは有線接続しパソコンをルーター化し安定接続させるといった使い方が可能です。

パソコンについている標準機能もソフトで使用する接続方法もどちらも
かなり簡単ですので困っている方は是非使用してみてください。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2017年11月03日] カテゴリ:Windows・NET小技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク