ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  買ったもの&提供レビュー >  WindowsとAndroidが使える!小型パソコンGOLE1を徹底レビュー

スポンサーリンク

WindowsとAndroidが使える!小型パソコンGOLE1を徹底レビュー

GOLE1を徹底レビュー23-48-308

概要
世界最小といわれる5インチパソコン通称GOLE1。WindowsとAndroidの両方の切り替え使用ができるデュアルOS内蔵、ガジェット好きならたまらないアイテムでしょう。
そんなGOLE1は、もちろん日本からの販売ではなくて、なんでもありのバリバリの中華製品です。
中華ネットショッピングサイト「GearBest」から提供いただいたので今回は、GOLE1についての使用感や良い点、悪い点などレビューしていきます。それではみていきましょう!



GearBestって何?
GearBest「ギアベスト」とは、中国ベースのインターネットショッピングサイトです。とはいうものの、世界各国からの注文が多く日本ユーザーからも多いためわりとグローバルな通販サイト。

基本的な概念は、日本の通販サイトと同じでほしい商品をぽちって届くのを待つ、それだけです。ただし、唯一の弱点が商品到着が遅いんです。今回のGOLE1の到着だけでも14日かかっており時間的に余裕があり気長に待てる方には最適。

主にガジェット製品に力を入れており面白いモノが多数。今回の様なデュアルOS内蔵のパソコンもそのひとつで、日本では知られることのない珍しいアイテムが販売されておりサイトを見ているだけでも楽しいです。

GearBestで購入方法は「中華通販サイトGearBestの評判や購入方法、購入してから何日で届くのか徹底解説!」の記事を参考にしてください。



GOLE1の主な仕様
ブランド : GOLE1
解像度 : IPS液晶1280×720「5インチ液晶の相場ではかなりの高解像度でした」
内蔵システム : Windows10/Android5.1
内蔵容量 : 64GB/32GB タイプによって異なります
内蔵メモリ : 4GB
CPU : Intel Cherry Trail Z8300
GPU : Gen 8グラフィックス
Core : 1.84GHz,Quad Core
内蔵バッテリー : 2600mAh
内蔵端子 : USBポート4つ「1つは3.0対応」、マイクロUSBポート、HDMI、LANポート、SDカード、AUX端子、DC電源
Bluetooth : 4.0内蔵
WIFI : 802.11 b/g/n/acなんですが802ac対応しているので電波干渉が少ない5GHz帯を使うと安定した通信ができます
Bluetooth: Bluetooth4.0
言語 : Windows/Androidともに日本語化できます
販売ページ : GOLE1



GOLE1の外観や機能面のレビューそして日本語化方法
それでは本体を見ていきましょう!到着した際は、DHLの黄色い袋にはいってさらに段ボールでグルグルに巻かれた状態で届きました。こちらがパッケージなんですが、意外とキレイでした。

GOLE1を徹底レビュー0006.jpg

パッケージ内容がこちら。左から本体GOLE1、DC電源、HDMIケーブル、説明書となります。

GOLE1を徹底レビュー0011.jpg

早速重量を計測してみました。公式では200gジャストと書かれていましたが247gですね。軽いあたりは評価しますが、スマートフォンを使う感覚で片手持ちしていると結構手がつかれますね。

GOLE1を徹底レビュー016.jpg

裏面の状態。四隅にゴムラバーがあって中央部が放熱部分です。ヒートシンクを熱伝導シートで貼っている感じでCPU使用率が高い('_')熱伝導がうまく出来ているととらえていいのか、アルミボディのせいで動画1時間くらいみていると本体も熱くなりますね。

GOLE1を徹底レビュー18.jpg

薄さとしましては、iPhone6を3枚分くらいです。LANポートやUSBポート内蔵しているからこの厚み。個人的には、ちょっとくらい厚くてもUSBポートがあるのはうれしいんですよ。しかも4つは素晴らしい。

GOLE1を徹底レビュー019.jpg

電池やプレイヤー、プロジェクター、10インチタブレットで大きさ比較です。

GOLE1を徹底レビュー020.jpg

それでは保護シートを剥がしていきましょう。

GOLE1を徹底レビューM1920023.jpg

GOLE1を徹底レビューM1920024.jpg

GOLE1を徹底レビューM1920025.jpg

GOLE1を徹底レビューM1920027.jpg

正面写真。全体的に高級感のあるゴールドカラーのアルミボディとなっています。

GOLE1を徹底レビューM1920028.jpg

左から音量ボタン。

GOLE1を徹底レビューM1920029.jpg

ホームボタンでいわゆるWindowsではスタート画面、Androidではホームに戻るボタンに対応。

GOLE1を徹底レビューM1920030.jpg

電源のオンオフスイッチ。感触はカチカチと鈍さのないものです。

GOLE1を徹底レビューM1920031.jpg

側面にはGOLEと刻印されております。

GOLE1を徹底レビューM1920032.jpg

別の角度の側面写真です。

GOLE1を徹底レビューM1920033.jpg

ここからはポートについてですが左からアンテナ、AUX「オーディオケーブルで有線接続」、HDMI、USB2.0が2つ、LANポート、DC電源。

GOLE1を徹底レビューM1920036.jpg

左からマイクロUSB端子、USB2.0、USB3.0、microSDカード端子となります。DC充電だけかーって思っていましたがマイクロUSB端子でも本体への充電も可能なのでモバイルバッテリーで充電もできますね。これは便利です。

GOLE1を徹底レビューM1920034.jpg

このアンテナって電波の受信を良くするものらしいのですが意味あるんですかね。

GOLE1を徹底レビューM1920039.jpg

このアンテナ、本体の正面のみにしか向けられなくて、裏面部分に向けられたらスタンドとしても使えたんですが惜しい!

GOLE1を徹底レビューM1920040.jpg

GOLE1を360度ぐるっとみていきましょう!

M1GOLE1を徹底レビュー920044.jpg

GOLE1を徹底レビューM1920045.jpg

GOLE1を徹底レビューM1920046.jpg

GOLE1を徹底レビューM1920047.jpg

GOLE1を徹底レビューM1920048.jpg

GOLE1を徹底レビューM1920049.jpg

GOLE1を徹底レビューM1920050.jpg

GOLE1を徹底レビューM1920051.jpg



機能面について、日本語化の方法
ここからは、機能面と日本語化について話ていきます。起動するとWindowsまたはAndroidのどちらを起動するのか選択する画面が表示されます。

GOLE1を徹底レビューM1920052.jpg

最初にWindows10の日本語化から行っていきます。

GOLE1を徹底レビューM1920053.jpg

スタートから「Settings」を開きます。

GOLE1を徹底レビューM1920055.jpg

「Time&language」を開きます。

GOLE1を徹底レビューM1920061.jpg

「Set time ZONE automatically」をONにします。

GOLE1を徹底レビューM1920063.jpg

「Time zone」から「UTC+0900 Osaka Sapporo Tokyo」を選択します。

MGOLE1を徹底レビュー1920069.jpg

「Region&language」を開きます。

MGOLE1を徹底レビュー1920070.jpg

「Add a language」から日本語を選択します。

MGOLE1を徹底レビュー1920072.jpg

「Set as default」をクリックし「Download」で各ドライバーをインストールしてください。
※こちらではなぜか2時間くらいインストールに時間がかかりました。

MGOLE1を徹底レビュー1920074.jpg

そして再起動すると日本語化された状態になります。

MGOLE1を徹底レビュー1920077.jpg

GOLE1 Windowsの起動時間計測テスト動画です。シャットダウン時からWindows起動まで約44秒という結果になりました。



GOLE1 WindowsでUSBメモリのデータを本体へコピーする際の速度テスト動画です。平均23MBを保ちつつ2.5GBのデータを転送したところ約2分でした。






続いてAndroidの日本語化方法の説明。Androidの日本語化はめちゃくちゃ簡単です。

M1GOLE1を徹底レビュー920078.jpg

アプリ一覧から「Settings」を開きます。

M192GOLE1を徹底レビュー0079.jpg

「Languabe&input」→「Language」を開き日本語を選択します。

M1GOLE1を徹底レビュー920081.jpg

これだけで日本語化します。中華アプリ等も入っていなくすっきりしていますがroot化されています。知識ある方は色々といじると面白いんですが色々と危険ですので注意しましょう。逆にいえば、パズドラの様なroot化対策しているアプリの起動は出来ません。rootの裏技でroot対策されているアプリの起動もできるみたいですが。。。。あと写真では映っていませんが「端末エミュレーター」というアプリが入っておりこのアプリは、Linuxコマンドを操作することができます。

M19GOLE1を徹底レビュー20083.jpg

GOLE1 Androidの起動時間計測テスト動画です。シャットダウン時から起動まで約55秒くらいでした。



Android起動時にWindowsへ切り替える場合は、画面上部のメニューバーを表示し「OS SWITCH」から可能です。

M1GOLE1を徹底レビュー920085.jpg

現在の画面は、AndroidでYouTubeの動画なんですが1080Pでもサクサクと流れます。音質はステレオで、音のこもりや音われもなく普通にiPhoneとかのスピーカーと似ています。それでも音質に拘る場合、Bluetoothで別途スピーカーへ飛ばすかイヤホン、ヘッドホン、オーディオケーブルで有線接続として使うといいかもしれません。

MGOLE1を徹底レビュー1920086.jpg

普通にWEBページの閲覧も可能で重たいページをスクロールしてもヌルヌルとうごきます。メモリ4GBは伊達じゃありませんよ。ただし聞いた話によると現在のアプリやWEBページの閲覧はメモリ2GBでも同レベルにヌルヌルと動くんですよ。複数のページ表示やバックグラウンドで音楽流したり複数アプリの起動をする際に4GBのメモリが発揮してくる感じ。動作面では同レベルです。

M1GOLE1を徹底レビュー920087.jpg

もちろん縦画面へ切り替えも可能です。

M19GOLE1を徹底レビュー20088.jpg

片手で持てますがさすがに指は届きませんwwもう一方の手で操作する感じですね。

M1GOLE1を徹底レビュー920091.jpg

写真や動画の映像は、IPS1280×720ということで普通にキレイで一般的にこの5インチサイズでは解像度は高い方ですね。そして文字に関しても良かったですよ。

M1GOLE1を徹底レビュー920093.jpg

Android側で最大ズームした状態なんですがくっきりというよりなめらか。文字のはらいや直線など美しい。

GOLE1を徹底レビュー444444

M19GOLE1を徹底レビュー20096.jpg

GOLE1 YouTube動画を再生した際の状態の動画です。1080P再生でとくにカクカクすることなくスムーズに再生してくれます。そしてクリアな画質で文句なしですね。
※撮影許可は得ております。



DCの充電も可能ですがやはりタブレットや小型端末の特徴といえばマイクロUSB充電ですよね。なんとこちらでも使えるんですよ。最初DC電源からの供給だけかとおもってこれは使い時が限られるなーって思っていたところ何やらマイクロUSB端子もついていました。物は試しにモバイルバッテリー2.4A対応に接続するとすんなり充電されました。これができると外出時でもバッテリー切れに困らなくていいんですよね。

M1GOLE1を徹底レビュー920099.jpg

こういったタブレット端末では、周辺機器をそろえていくのも一つの醍醐味でもありますよね。コントローラ型のBluetoothキーボードの接続も楽々。そもそも5インチ画面でAndroidを使用する上ではタッチ操作でも支障はありません。ただやっぱりこういうこともしてみたいwww

M1920GOLE1を徹底レビュー102.jpg

GOLE1 Bluetooth機器接続の速度テスト動画です。Bluetooth機能をオンにしたらすぐに周辺機器を拾ってくれていますね。中華系のタブレットでありがちなのは、Bluetoothの感度が悪くペアリングができなかったりしますが、素晴らしい高感度でした。



GOLE1 Bluetoothキーボードで各機能を操作してみた動画です。こちらは、Androidシステムで操作しておりますが0.2秒くらいの遅延はあるものの通常操作には支障ありません。マウススクロールやボリューム、文字入力などすべて行える優れもののキーボードです。紹介したキーボードの詳細ページ→Ewin® bluetooth キーボード



さて容量の振り分け内容ですがこちらは64GBタイプでなんと驚きのAndroidでは約4.8GBだけの分配でしたwこれはSDカードが活躍してきそうですね。

M192GOLE1を徹底レビュー0104.jpg

USB3.0規格外付けHDD1TB「バッファロー製」をAndroid起動時に接続。

M19GOLE1を徹底レビュー20106.jpg

物の数秒で認識されました。タブレット端末では電力不足で認識しなかったりするんですがこれは本当にうれしい。

M192GOLE1を徹底レビュー0107.jpg

もちろんDCやマイクロUSB充電をしていない状態で、ですよ!

M192GOLE1を徹底レビュー0109.jpg

こんなものを用意しました。スタイラスペン。スタイラスペンの詳細リンク→Ciscle 金属繊維タイプ

M192GOLE1を徹底レビュー0115.jpg

こちらのスタイラスペンは、ゴムではなく金属繊維で出来たちょっとお高いペン。こういうペンでもタッチ感度は良好でした。

M1GOLE1を徹底レビュー920116.jpg

GOLE1 Androidのタッチ感度やWEBページと動画のヌルヌル度テスト動画です。



ここからちょっとマニアックな内容になります。WIIエミュレータソフトDolphinでゲームは動作するのか?という検証です。下記動画は、GOLE1 WIIエミュレータでゲームキューブを動作してみたテスト動画「グラバト3」です。ゲームキューブソフト、WIIソフト、PS2ソフトの順番に試したかったのですがご覧の通りゲームキューブソフトでこの状態でした。起動まではうまく行くのですが戦闘モードではカックカクに。この調子ならWIIとPS2ソフトは動かないと思い断念。



GOLE1 WIIエミュレータでゲームキューブを動作してみたテスト動画「パワプロ」 です。こちらは比較的軽めのゲームキューブソフトのパワプロですのでFPS30ほどですが動作しました。






ちょっと裏技紹介
Androidモードでアプリのインストールは、プレイストアで行います。ログインやアカウント作成が面倒って方はAndroidで直接コチラのサイトへアクセスするとこのサイト上でアプリであるapkファイルをダウンロードすることが可能です。



GOLE1の良かった点
・全体的にスペックが高いためブラウジングや動画の閲覧など動作が快適でした。

・2D以上低スペック3Dゲームも一応動きました。

・解像度が高くとてもキレイでした。

・DCだけでなくマイクロUSB端子で充電できる。

・バッテリー持ちは、2600MAHでiPhone6「1750MAH」の少し多めという感じです。省エネ電力最高設定で動画4、5時間ほど再生できます。そこそこバッテリー持ちはいい方かなと。

・Bluetooth対応やHDMI、USBポート内蔵で出来ることが無限に広がって面白かったです。



GOLE1の気になった点
・シャットダウン時に電源を長押しする時間が長すぎ。あるいは、10秒近く押しても電源が点かない時がありました。

・充電しながら動画を再生していたらCPU使用率が85%を超えて熱がすごかったです。充電しながらの使用はどの端末においてもやっちゃいけないことなんで我慢しましょう。

・Androidは問題ありませんでしたがWindowsモードで外付け外付けHDDの認識とSDカードの認識ができませんでした。下記をご覧ください。

Android
外付けHDD→○
SDカード→○
USBメモリ→○
でAndroidではすべての記録媒体を認識してくれました。

それに対してWindows
外付けHDD→×もしかしたらUSB2.0用の外付けHDDはいけるかも?
SDカード→×東芝製は認識しましたがSANDISKはできません。
USBメモリ→○
外付けDVDドライブ→○

・Windowsでアプリの起動をする際または音楽や動画の待機時間にホワイトノイズ「ジジジィーみたいな」が入ります。



雑感
値段が安くさらにスペックもそこそこ高いので人気があって品切れも多いようです。ただ日本語化の敷居は一定の知識がないと厳しいので購入した場合はこちらの記事を参考にしてください。少し値段が高くなりますが国内販売するショップもあってさらに日本語化しておいてくれているので興味ある方はひとつ選択肢として入れておくといいかもしれません。まぁただ使用目的が大きく分かれるのでWindowsゲームをするより動画を閲覧したりAndroidでアプリを楽しむといった使い方がおすすめです。というわけで今回はGOLE1の実機レビューでした。興味ある方はチェックしてみてください。

以上ギャッターでした。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2016年12月04日] カテゴリ:買ったもの&提供レビュー | TB(0) | CM(18)
うわなにこれ
androidとウインドウズはいってるのはじめてみたわw
[ 2016/12/04 08:13 ] [ 編集 ]
シャットダウン時に電源を長押しする時間が長すぎ。あるいは、10秒近く押しても電源が点かない時がありました。

についてですが反応ないのは分かりませんが長押しはカバンに入れておいても自動的に電源が入らないようにする処置らしいですよ 前の型番では軽いボタン押しで電源がついてそしてバッテリーがなくなるという不具合があった模様
[ 2016/12/04 14:25 ] [ 編集 ]
メントス
私も買いましたがgole1は製造のロットが古いほど不具合がおおいそうですね私の場合発熱は多少気になりますがすべて使えていますね
[ 2016/12/04 14:26 ] [ 編集 ]
Androidの音質は音楽を聴くにはいまいち
すべての音域に力がなくてフラット だから聴きやすいという面もあるが迫力はないな
boseとかのヘッドホンで通すともうgoleのスピーカーは使いたくなくなるクラス

Windowsの音質はドライバいれればそれなりによくなった

解像度は確かにキレイだが激しいスポーツとかの映像はビミョーに残像が残るんだよな
そして高熱注意だな
[ 2016/12/04 14:31 ] [ 編集 ]
ゴール
ついにギアベスト入りですか!
Androidってroot化されてるんですね
unrootする方法ってないんですかね?工場出荷時からそもそもroot化だから初期化しても意味ないのかな

外付けのhddについてなんですがAndroidは認識されてWindowsでは認識されないのって掲示板でよくある症状って書かれていました もはや仕様らしいですwww Androidでも電力低めのやつじゃないと動かないので管理人さんが使っている1tbのhddって相当低消費電力なんですかね

ps 3台目ですw
[ 2016/12/04 14:39 ] [ 編集 ]
入力端子がここまで充実してんのは一番気に入っている
自分はひとつ前の型ですが入力端子多いのはいいですよねーーーー!

GOLE1にsupersu入れたくて管理人さんの紹介のサイトhttps://apkpure.com/で検索して
ダウンロードインストールしたら出来たうれしい
↓↓
https://apkpure.com/supersu/eu.chainfire.supersu

あとBIOSをいじってたら音があの世に飛んでいきましたww
色々不具合あるけどよっぽどのガジェット好きでないと買わないわな
[ 2016/12/04 14:48 ] [ 編集 ]
好み分かれる
ギアベストで11月2日くらいに注文して11月18日に到着しました
いやー長かった長かった いまんとこ発熱とか認識とか問題ないとおもわれ

でも放熱はしっかりとできていなくてCPUは高いんですよね

こっちの場合Androidだけつかってます SDカードさして動画みたり そんな手軽さがいい
Windowsに関してはある程度の作業は可能だが家にいるときは家のパソコン使うかなw
そーいう意味でGOLE1は好み分かりてくるのかと思う あきらかにゲーム向けではないですね
AndroidのアプリはサクサクだがWindowsとなるとお話にならない
そしてエミュレータがんばりましたねwwゲームのベンチマーク出すまでもないからWindowsでゲームしなかったがゲームキューブ以下かww
[ 2016/12/04 14:59 ] [ 編集 ]
文鎮と化しました
BIOSをアプデに失敗してしまって鉄の塊になった 使い道は漬物石や文鎮、鈍器などなど。。。。悲しい( ゚Д゚)
なんもせんほうが良かったしかし色々改造したくなるこの気持ち"(-""-)"

microUSBポートは充電のほかにデータの転送もいけたはず
[ 2016/12/04 15:10 ] [ 編集 ]
ほしい
[ 2016/12/04 15:11 ] [ 編集 ]
こっちはスリープ状態のまま永眠しました
前々からいわれていたけど長時間のスリープ後からの復帰が出来ないという問題がありましたね

2回くらいこけたがそれからはうまく起きてくれるのでこっちは当たりひいたとおもいスリープ状態を頻繁につかっていた
ある日スリープ状態のまま10日ほど使用していなかったらそのまま安らかに永眠されていました

電源なくなったのかと思い充電してもうんともすんともいわない
2日ほど充電しっぱなしにしていたら今度は高熱が出ました 永眠していたんじゃなかったのかよ!
たぶん過充電しすぎてどっか焼けたのかこげくさくなっていた
そして3日後に完全にお休みに入られました
[ 2016/12/04 15:19 ] [ 編集 ]
文鎮wwwwwwwwwwww
[ 2016/12/04 15:20 ] [ 編集 ]
こうやって色んなレビューみてると不具合多くて諦めようかと思うけど
それでもほしい
音が出なくなったり認識しないのは仕様として割り切ろう
[ 2016/12/04 15:34 ] [ 編集 ]
問題含めてgole
やはり中華ガジェット製品である以上多少の不具合は許容範囲にしておかなければならない
そのうえで楽しむ 
動画やネット閲覧アプリ使用とか問題なく使える
基本的なことはできるが性能のそれ以上を求めたらダメということだ
[ 2016/12/04 16:21 ] [ 編集 ]
買おうか迷っていたんですが分かりやすく助かります

質問ですがウインドウズはフリーソフトとかいれられますか?

前使っていたタブレットはandroidではブラウザみてると
いきなりホームにもどります
goleはどうですか?
[ 2016/12/04 19:52 ] [ 編集 ]
上の人

いれれます
ただ再生ソフトとか必要最低限のものだけいれとけ
余計なのいれたら重くなるだけ

10月29注文して11月9にとどいたが到着はまばらだな
いまんとこ不具合なし
[ 2016/12/05 01:55 ] [ 編集 ]
いいなー
いつもみてます提供してもらえるとかいいですね
提供ネタ増えてますがまたソフトやサービス系の紹介も待ってます!!

このパソコン?タブレットってhdmi端子あるから
テレビにつないでこれをメインパソコンにできますかね?
USBあるからキーボードとマウスつないで
なんか考えるだけでわくわくする商品ですねほしいなー
[ 2016/12/05 02:02 ] [ 編集 ]
ゲームキューブ以下の性能なのかしかしゲーム目的のものではないし割り切って使うべき
goleの出資けっこういったんだな
[ 2016/12/08 19:45 ] [ 編集 ]
発色悪いな
[ 2016/12/10 12:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
Pick UP
YouTubeで使える便利な機能や裏技のまとめ
YouTubeで使える便利な機能や裏技のまとめ


これは便利!Google Chromeのおすすめ拡張機能まとめ88個
これは便利!Google Chromeのおすすめ拡張機能まとめ88個


Webページ内に表示される広告を消すことができるAdblock Plusの紹介
Webページ内に表示される広告を消すことができるAdblock Plusの紹介


 チューナー不要!パソコンでテレビを視聴することができるフリーソフトまとめ
チューナー不要!パソコンでテレビを視聴することができるフリーソフトまとめ


 非会員でもFC2動画の視聴制限を回避してくれるサイトまとめ 2015年版
非会員でもFC2動画の視聴制限を回避してくれるサイトまとめ 2015年版


FC2動画の視聴回数制限を回避する方法まとめ
FC2動画の視聴回数制限を回避する方法まとめ


  非会員でもFC2動画を手軽にダウンロードする方法まとめ
非会員でもFC2動画を手軽にダウンロードする方法まとめ


意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ
意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ


ワンクリックでWindowsを高速化できるソフトX-TUNEの紹介
ワンクリックでWindowsを高速化できるソフトX-TUNEの紹介
スポンサーリンク

follow us in feedly
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ