ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  Windows・NET小技 >  パソコン起動時に自動実行するプログラムを停止する方法

スポンサーリンク

パソコン起動時に自動実行するプログラムを停止する方法

パソコン起動時に自動実行するプログラムを停止する-22-583

概要
パソコンを起動すると自動的に実行されるプログラムのせいで動作が遅くなったりメモリを多くくってしまう経験はありませんでしょうか。ソフトのインストールなどをすると勝手にプログラムのスタートアップとして設定されてしまいます。そこで今回は、パソコン起動時に自動的に実行されるプログラムを起動しないように停止する方法を紹介します。

手順
1、スタートから「スタートアップ」を開きます。

パソコン起動時に自動実行するプログラムを停止する-19-383

2、ここにパソコン起動時にスタートアップするプログラムが表示されますので不要なものは右クリックから削除します。

パソコン起動時に自動実行するプログラムを停止する04-09-355

3、他のプログラムの起動を停止するにはスタートから「msconfig」と入力しmsconfigを開きます。

パソコン起動時に自動実行するプログラムを停止する-18-958

4、上部タブの「スタートアップ」を開き起動してほしくないプログラムにチェックを外します。
※むやみにチェックを外すとパソコンに不具合が発生する場合がありますので自分が認識している範囲でお願いします。

パソコン起動時に自動実行するプログラムを停止する9-385

5、「適用」→「OK」で設定完了です。


雑感
パソコン起動時に立ち上がるプログラムのせいでなかなか操作できないという症状がありまして、改善できてよかったです。しかしウィルス対策ソフトなどはタスクトレイに表示されず裏で稼動しているため動作の停止をするのも手間がかかります。こういったタスクトレイに表示されない特殊なプログラムも停止しておくと動作が速くなりますので非常に有効な機能でしょう。というわけでパソコンを起動する際に立ち上がるプログラムが邪魔だと思う方は是非一度試してみてください。

以上ギャッターでした。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2014年12月02日] カテゴリ:Windows・NET小技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク