ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  インターネット >  ネットワークの監視や解析ができるColasoft Capsa9 Enterpriseのレビュー!

スポンサーリンク

ネットワークの監視や解析ができるColasoft Capsa9 Enterpriseのレビュー!

bandicam 2016-06-30 04-23-26-564

概要
今回は、Colasoft Capsa Enterpriseという有線や無線を監視しリアルタイムでモニタリングできるソフトのレビューです。今回、Colasoftさんよりご提供いただきました。ただ、値段がびっくりするくらい高価で私にレビューが務まるのか不安ながらも、がんばってみていきたいとおもいます。どうやら、個人が扱うものではなく企業が使うソフトのようです。ネットワークは、今では生活の基盤ともなっており、ほとんどの業務や生活に欠かせない存在です。そんなネットワークにトラブルが発生すると多大な影響を与えかねません。そこで役に立つのが、今回の紹介するソフトです。ネットワーク問題をリアルタイムに監視し問題発生時には、トラブルシューティングに役立ちます。それではみていきましょう。




Colasoft Capsa 9 Enterpriseって何ができるの?
・トラフィックモニター
 インターネット回線のデータ利用率をリアルタイムで解析する

・パケット保存
 パケットをリアルタイムでキャプチャーし有線802.11a/b/g/nを含む無線ネットワーク上で送受信されたデータを保存可能

・セキュリティ解析
 ネットワーク中のセキュリティホールを解析

・トラブル解決
 不審なホストを検知しネットワーク内のトラブルを解決

・HTTPプロトコル解析
 電子メールを送信するために使用するアプリケーションのプロトコルDMTPやPOP3等を解析
 他にもDNSアプリケーションやFTPアプリケーションも解析も可能

・VoIP解析
 VoIPコールの解析が可能で例えばIP電話の音声を保存したい際など

知識があれば色んな応用が可能です。例えば、保存できない動画サイトのパケットを解析したり等使い方で、変化します。



製品の詳細情報
Colasoft Capsa Enterprise





対応しているネットワーク
イーサネット、高速イーサネット、ギガビットイーサネット、2.4 GHzと5 GHz→802.11a/b/g/n 、ワイヤレスネットワーク、802.11a: 6, 9, 12, 18, 24, 36, 48, 54, 72, 96, 108 Mbps、802.11b: 1, 2, 5,5, 11 Mbps、802.11g: 5.5, 6, 9, 11, 12, 18, 22, 24, 33,48, 54 Mbps



対応しているパケットファイル
Accellent 5Views Packet File (*.5vw)
Colasoft Packet File (*.cscpkt; *rapkt;
*.rawpkt; *.cacproj)
EtherPeek Packet File (V7/V9) (*.pkt)
HP Unix Nettl Packet File (*.TRCO; TRC1)
Libpcap (Wireshark, Tcpdump, Ethereal, etc.) (*.cap; *pcap)
Wireshark (Wireshark, etc.) (*.pcapang; *pcapang.gz; *.ntar; *.ntar.gz)
MicrosoftNetwork Monitor 1.x 2.x (*.cap)
Novell LANalyer (*.tr1)
Network Instruments Observer V9.0 (*.bfr)
NetXRay2.0,and Windows Sniffer(*.cap)
Sun_Snoop(*.Snoop)
Visual Network Traffic Capture(*.cap)

更に詳しくは、下記URLを参考ください。
http://www.colasoft.com/jp/download/Colasoft-Capsa-Enterprise-technical-specification.pdf





インタフェースをみていくよ!
ソフトを起動した画面です。知識がないと何がなんだか分かりませんよね。とりあえず解析したいネットワークアダプタを選択し
「解析プロファイル」から「フル解析」で「スタート」。

bandicam 2016-06-30 03-56-01-108

基本的に、解析したい時にソフトを起動するのですが常に解析したい場合はタスクトレイに常駐させておくといいです。

bandicam 2016-06-30 03-56-06-158

下記画像の「概要」タブをいくつかみていきましょう。ここでは、データパケット量やFTP、HTTP、VoIP等の解析結果が確認できるようです。診断統計という箇所には、問題が発生したら表示されるんですが、いまのところ大丈夫みたいです。

bandicam 2016-06-30 03-56-10-413

「IPセッション」画面です。

bandicam 2016-06-30 03-56-18-368


当ブログの管理人知識では、全て説明するのは難しいので下記URLより使い方を参考にしてください。
サイト先 : コチラ




現在は、15日間お試しが可能ですので気になる方はチェックしてみてください。
サイト先 : コチラ





雑感
ネットワークを解析するというソフトでしたが、個人的に一番使っている機能がパケット保存です。ほかのソフトと兼用すると、保存できないような動画サイトの動画も保存できるので、わりと便利です。ただ、そういう使い方をするソフトではないので、正しく使いましょうww企業向けのソフトですので、個人が持つのはちょっと不向きですが色々と解析できるので興味ある方はお試し版から試してみてください。※情報不足や間違った点がございましたらコメントにてご指摘いただけましたらうれしいです。

以上ギャッターでした。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2016年06月30日] カテゴリ:インターネット | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク