ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  悪用厳禁サイト・ツール・小技 >  日本やアメリカなど世界中の監視カメラ映像をのぞけるサイトInsecamの実態調査

スポンサーリンク

日本やアメリカなど世界中の監視カメラ映像をのぞけるサイトInsecamの実態調査

Insecam34-32-194

概要
防犯を高めるために世界中でつけられる監視カメラは、通常一般人が見ることができない。しかし防犯のためにつけている監視カメラが安易に誰でものぞくことができるなら、大問題だ。そこで今回は「Insecam」という日本やアメリカなど世界中の監視カメラをのぞくことができるサイトについて実態や仕組みなどを調べていこうと思います。

Insecamについて
Insecam「インセカム」は、世界中の監視カメラ約75000台、日本だけでも1800台以上を容易に見ることが可能なサイトです。例えば、アメリカではビーチや工場、日本だと駐車場やコインランドリーなどに設置してある監視カメラが対象の様です。



Insecamサイトの実態
基本的に監視カメラは、Web上へストリーミングされており、そのパスワードをデフォルトのまま使用していることから世界中に映像を公開しているのと同じものだそうです。

つまり「Insecamは防犯カメラのセキュリティ意識を高めるサイト」です。パスワードもろくに変えずに監視カメラを使用しつづける怖さを教えてくれる、ためになるサイトではないでしょうか。とはいっても、怪しいサイトですので監視カメラをのぞくのは控えた方が良さそうです。



Insecam
サイト先 : コチラ


実際に監視カメラをのぞいてみる
1、まずは上記サイトへアクセスする。左カテゴリからは、監視カメラがつけられている場所や地域の指定が可能なようだ。アクセス接続が困難な時間帯が多かった。

Insecam06-46-931

2、地域指定で香港をみてみる。こんな感じに監視カメラの映像がみれる模様。

Insecam6-836

3、映像をクリックすると、なんと監視カメラがとりつけてある場所がまるわかり状態になるまで詳しい情報をみることができる。映像によっては、更にクリックするとズームやズームアウト、スクリーンショットをとることができる模様だ。

Insecam4-11-47-430



雑感
防犯意識の低いカメラが予想以上に多くてびっくりしました。防犯カメラにもし、自分が映りそれがInsecamに公開されていたとすると、個人情報関連で訴えることができそうですが、設置した人かInsecamか、どちらが悪いのか疑問が残ります。関係のない人にとっては、他人の行動を観察することができて、いってはいけませんが、楽しい。私が見た監視カメラで、香港の工場で働く方のサボっている様子が映っており、笑ってしまったのが不覚でした。というわけで、防犯カメラをのぞけるサイト「Insecam」の実態調査でした。

以上ギャッターでした。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2015年09月29日] カテゴリ:悪用厳禁サイト・ツール・小技 | TB(0) | CM(1)
見たい
[ 2016/01/23 07:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク