ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  セキュリティ >  アクセス拒否されたファイルを簡単に削除してくれるソフトTakeOwnershipProの紹介

スポンサーリンク

アクセス拒否されたファイルを簡単に削除してくれるソフトTakeOwnershipProの紹介

アクセス拒否されたファイル41-43-395

概要
ファイルやフォルダ操作をしている際「アクセスが拒否」と警告ダイアログが表示され、操作できなかった経験はありませんか。アクセス拒否されると、ファイルの削除や移動、閲覧等の操作が不能となり本当に困ります。今回紹介するソフト「TakeOwnershipPro」は、アクセス拒否によって移動や削除などの操作ができなくなったフォルダやファイルを強制的に操作できるようにしてくれるソフトです。

TakeOwnershipPro
サイト先 : コチラ


導入方法
1、上記サイトへアクセスし下記画像のような箇所からソフトをダウンロードします。

アクセス拒否されたファイル9-46-49-536

2、ダウンロードしたファイルを起動しインストールしていきます。「Next」をクリックします。

アクセス拒否されたファイル1-54-16-346

3、インストール場所を指定して「Next」をクリックします。

アクセス拒否されたファイル1-54-41-597

4、「Next」をクリックします。

アクセス拒否されたファイル5-09-514

5、アイコンの作成をするか決めて「Next」をクリックします。

アクセス拒否されたファイル 11-55-31-821

6、「Install」をクリックします。

アクセス拒否されたファイル34-170

7、「Finish」をクリックすると導入が完了します。

アクセス拒否されたファイル55-55-176



使い方
8、インストールが完了すると右クリックメニューに以下の様な項目が追加されます。

アクセス拒否されたファイル-57-55-119

9、アクセス拒否されて操作できないフォルダやファイルを右クリックし「TakeOwnershipPro」を開きます。

アクセス拒否されたファイル11-58-45-228

10、「Take Ownership」をクリックして「Done」と表示されたら操作が可能になった状態になります。

アクセス拒否されたファイル1-13-388



雑感
このソフトを使うとパソコンの管理者でない一般ユーザーアカウントでもファイルやフォルダの操作が可能になるので非常に便利です。ただし、間違った使い方をするとトラブルに巻き込まれる可能性もありますので注意しましょう。興味のある方は是非試してみてください。

以上ギャッターでした。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2015年08月29日] カテゴリ:セキュリティ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク