ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  買ったもの&提供レビュー >  LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビュー

スポンサーリンク

LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビュー

LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウス0-44-33-708

概要
さて今回は、LOGICOOL ワイヤレストラックボールを購入しましたのでレビュー記事を書いていきます。以前ワイヤレスキーボードを買ったのですがマウスもワイヤレスで揃えたく、またデスク周りをすっきりしたいということから購入しました。どのマウスが良いか色々と探していたら少し変わったトラックボールというマウスがあり興味をひかれて買っちゃいました。通常はマウスを移動させてカーソル操作を行うところトラックボールマウスでは、マウスを掴んで青いボールを親指で転がしてパソコン操作をするといったものです。正直なところ商品を手にするまでは、どうやって操作するのか、果たして使いやすいのかなど色々不安があったものの使用し始めた10~20分程で使い慣れました。慣れれば操作しやすくまた、手が疲れにくいため長くマウス操作をする方は非常におススメです。


LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスの仕様
・メーカー : ロジクール 「海外のメーカーですが日本でもサポートの良さに定評があり安心のメーカーです」
・型番 : M570t
・サイズ : 22.6x14.1x6.7cm
・重さ : 272g
・主な付属品 : ロジクールUnifyingレシーバー「ロジクール社の周辺機器でしたらこのレシーバー1つで接続可能ですのでUSB端子を節約してくれます」、取扱説明書、保証書
・トラックボールの素材 : アルミナセラミック球「消耗しにくい」
・接続方式:ロジクールUnifyingレシーバー→無線「2.4GHz」
・操作方式:光学式「ボール」
・操作可能ボタン : ホイール、ホイールクリック、トラックボール、戻る、進む、左、右クリック
・保障 : 3年間「無料」
・販売価格 : 4993円 変動あり 現在は5700円前後



製品の詳細情報
LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t



注意
・通常のマウスを動かして操作するマウスからトラックボールマウスへ乗り換えるには多少慣れが必要です、私自身マウス移動操作に慣れているため正直なところマウスを動かして操作する方が使いやすいです。もう少し使えば変わってくるのかも。それとマウス移動操作慣れで、たまにトラックボールマウスを動かそうとしてしまうといった感じもありました。

・トラックボールの回しすぎると痛む可能性があります。

・ゲーム向けではありません。



悪い点
・寒い部屋に置いておくとトラックボールの回転が悪くなる感じがします。

・親指でトラックボールを回してカーソル操作するのがこの製品の特長です。しかしトラックボールを親指で回転させてカーソルを操作するのと通常の手首でマウスを移動させるのと比べるとやはり通常のマウスの方が安定性があります。

・ホイールクリックが硬い。



良い点
・手首が疲れない点。概要でも話したのですが慣れ不慣れがあるものの通常のマウス移動操作よりもマウスの移動をする必要がないため手が疲れず場所をとらない感じです。膝の上とかガラステーブルの上といった場所でも操作可能です。

・ボタンが多い点。まぁこれに関しては私はおまけとして受け止めています。ボタンが多ければ利用すというわけでもなくトラックボールとホイール、左右クリック以外は使っていません。ですが慣れれば確実に作業効率化が図れそうなので使っていきましょうかね。

・Unifyingレシーバー1つでロジクール社のUSB系の製品なら6台まで利用できる点。以前ロジクールのワイヤレスキーボードを買いましたのでマウスと合わせると通常は2つのUSBポートを使うことになりますが現在は1つでUSBポートの節約が出来ています。



LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスの外観写真
では開封していきます。パッケージ表の写真です。

2LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビューc23.jpg

裏面の写真です。反射が・・・。

LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビュー04d4d.jpg

付属品を見ていきましょう。左から保証書、説明書、Unifyingレシーバーとなっています。

2LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビュー320.jpg

本体の写真です。表面はつや消しされた素材。そのため手が小さい方だと滑りやすい感じです。

LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビュー3a51.jpg

本体左側のトラックボール部分の写真です。

2LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビュー091352d.jpg

本体右側の写真です。

LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビュー8123.jpg

本体正面の写真です。戻る、進むボタン、左右クリック、ホイールのボタンがついています。まぁ、戻る、進むボタンは使わない感じです。

20LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビュー3ff.jpg

本体裏面の写真です。滑り止めが4か所ついていますが膝の上などで操作しているとホコリがかなりついてしまいます。さり気なくロゴも入っていますね。マウスの電源ON、OFFできるスイッチがあります。

LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビュー450a53.jpg

トラックボールは取り外して中を掃除することが可能です。取り外せるのならトラックボールの異色が売られてほしいです。

20LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウスを買ったのでレビュー33d.jpg



製品の詳細情報
LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570t



雑感
今回LOGICOOLのワイヤレストラックボールマウス「M570t」の商品紹介レビューをしてみて、このマウスは未開拓な部分もあり文字や写真では伝わらないと思いますので買うならば電気屋へ行き一度試してみた方が良いでしょう。まぁ、使いにくいということはないとは絶対にないと思います。ですがゲーム等の激しい動きにはちょっと不向きかもしれません。個人的にトラックボールの色のバリエーションがあれば面白いのではないかと思います。トラックボールがどれくらい普及しているか分からないのですが需要が増えれば製品の進化や改善が見込めますので腱鞘炎の予防といった効果もあり私としては一家に一台といったメジャー商品になればな!と考えています。というわけでトラックボールマウスに興味がある方は是非是非チェックしてみてください。

以上ギャッターでした。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2015年09月05日] カテゴリ:買ったもの&提供レビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク