ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  Windows・NET小技 >  ハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法

ハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法

ハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法-26-240

概要
先日コチラのブログで紹介されたWindowsのService Packを恒久化する方法。この記事に興味をもち私もCドライブ内のどこかの容量を増やすことが出来ないかと模索していました。するとCドライブのフォルダを色々と確認していたところ「hiberfil.sys」というファイルが6GBも占領していることが分かりました。hiberfil.sys「ハイバネーションファイル」とは、お使いのパソコンでそれまで作業した内容をシャットダウンせずに休止状態「スリープ」にする時にメモリ内のデータをHDDへ置いておくための領域です。今回はタイトル通りハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法を紹介します。休止状態「スリープ」を特にしない方はハイバネーションファイルを制御「無効」にしておくと良いです。今どうしても容量を増やしたいという方にどうぞ。

その前に注意
ノートパソコンを利用されている方は、ハイバネーションの制御「無効」には注意してください。なぜならノートパソコンはバッテリーが減ると自動的にHDDにデータを移動してパソコンのを休止状態「スリープ」にする機能が重要になってくるのでハイバネーションを制御「無効」は要注意です!つまりノートパソコンのバッテリーが減ってきてふつうなら休止状態へ移行するはずがハイバネーションの制御「無効」にしてあるがために休止状態にすることが出来なくなります。


ハイバネーションを制御する手順
1、C→hiberfil.sysがあることを確認します。
※またはC→Windowshiberfil.sys

ハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法02717.jpg

2、hiberfil.sysが表示されない場合「隠しドライブを表示する」などの設定をします。

3、右クリック→プロパティで容量を確認すると5.85GBも容量を占領しています。
※パソコンによって容量は異なります。

ハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法02e2c.jpg


Windows Vistaと7の場合の手順
4、「プログラムとファイルの検索」で「cmd」と入力して「管理者として実行」でコマンドプロントを起動してください。

ハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法5700acf.jpg

5、ハイバネーションを制御「無効」にする場合は「powercfg.exe /hibernate off」と入力してエンターキーを押します。

ハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法1a63.jpg

6、するとhiberfil.sysが消えて領域が増えるので確認します。

ハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法1005ff.jpg

7、ハイバネーションを有効にしたい場合は「powercfg.exe /hibernate on」と入力します。

ハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法1570210b.jpg

8、するとhiberfil.sysが復活して空き容量が戻ります。

ハイバネーションファイルを制御してCドライブの容量を大幅に増やす方法10043c.jpg


Windows XPの場合の手順
9、ハイバネーションを制御「無効」にする場合Windows XPは簡単な操作で出来ます。

10、スタート→コントロールパネルを開きます。

11、「電源オプション」で休止状態をクリックして「休止状態を有効にする」のチェックを外すだけです。

12、またハイバネーションを有効にする場合「休止状態を有効にする」のチェックを入れます。

13、万が一hiberfil.sysが消えてなくても手動で削除しても大丈夫です。


雑感
うまく容量を増やすことはできましたか。こちらでも約6GB増やすことに成功しました。私はデスクトップパソコンですので休止状態「スリープ」にすることがないためハイバネーションファイルを制御「無効」にしてもさほど影響はありません。逆に休止状態「スリープ」をよくする方はおすすめ出来ません。しかし嬉しいことにWindows Vistaと7やWindows XPでも部分的ではあるがスリープ「休止状態」が可能です。雑感でいうことではないでしょうが、Windows Vistaと7は休止状態をスタンバイの組み合わせた「スリープ」が可能です。Windows XPも「スタンバイ」は利用することが出来ます。概要でも話しましたが容量を少しでも増やしたい方にどうぞ!

以上ギャッターでした。
関連記事
[ 2015年02月10日] カテゴリ:Windows・NET小技 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
アクセス数

Pick UP
YouTubeで使える便利な機能や裏技のまとめ
YouTubeで使える便利な機能や裏技のまとめ


これは便利!Google Chromeのおすすめ拡張機能まとめ88個
これは便利!Google Chromeのおすすめ拡張機能まとめ88個


Webページ内に表示される広告を消すことができるAdblock Plusの紹介
Webページ内に表示される広告を消すことができるAdblock Plusの紹介


 チューナー不要!パソコンでテレビを視聴することができるフリーソフトまとめ
チューナー不要!パソコンでテレビを視聴することができるフリーソフトまとめ


 非会員でもFC2動画の視聴制限を回避してくれるサイトまとめ 2015年版
非会員でもFC2動画の視聴制限を回避してくれるサイトまとめ 2015年版


FC2動画の視聴回数制限を回避する方法まとめ
FC2動画の視聴回数制限を回避する方法まとめ


  非会員でもFC2動画を手軽にダウンロードする方法まとめ
非会員でもFC2動画を手軽にダウンロードする方法まとめ


意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ
意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ


ワンクリックでWindowsを高速化できるソフトX-TUNEの紹介
ワンクリックでWindowsを高速化できるソフトX-TUNEの紹介
スポンサーリンク

follow us in feedly
にほんブログ村 PC家電ブログ Windowsへ