ギャッターのフリーソフト広場は、インターネット上の便利なフリーソフトやネットサービス、動画の保存方法、買ったものレビューを紹介するブログです!

ギャッターのフリーソフト広場 TOP  >  Windows・NET小技 >  意外と知らないWindowsを便利にする小技まとめ

スポンサーリンク

意外と知らないWindowsを便利にする小技まとめ

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ-48-27-734

概要
Windowsには、公式に発表されている便利な機能があるのにもかかわらず、機能が多すぎてすべての機能を知ることなくパソコンの性能を最大限利用出来ていない様に思います。そうやって、知らないだけで本当はもっとWindowsの便利な機能がたくさんあります。今回紹介するのは、意外と知らない、ちょっと知っておけばWindowsの操作が非常に快適で便利なものになる小技を紹介します。

ショートカットキーは便利

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ 00-04-07-970


Windowsの仕組みとして、キーボード操作のみで基本的なパソコン作業が可能といわれるくらいショートカットキーはたくさんあります。しかしいくら多くても使い慣れたショートカットキーしか使わないのが実のところではないでしょうか。例えば定番の「Ctrl+C」→ファイルのコピーの様なものは大半の方が知っていますよね。最初に紹介する小技は、このような定番のショートカットキーになってもおかしくない、意外と知られていないショートカットキーの紹介です。1つでも便利に感じられるものが見つかるかもしれませんので是非ご覧ください。※全てのOSに対応しているかは分かりませんのでご了承ください、こちらで確認しているOSは7です。


基本編
・「Ctrl+C」→コピー
・「Ctrl+A」→文字の全選択やフォルダの全選択・・・ページ内やフォルダ内すべてを選択してコピーなどに便利

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ-671

・「Ctrl+F」→ページ内に含まれる文字検索が可能・・・気になるキーワードを探したい場合などに便利
・「Ctrl+N」→ウィンドウの複製・・・最前面に開いているウィンドウやファイルの新規作成に便利
・「Ctrl+Alt+Del」→パソコンを再起動・・・強制終了に便利


Windows編
・「Windows+Home」→最前面以外のウィンドウ全てを最小化する・・・ウィンドウがゴチャゴチャしているときに便利
・「Windows+D」→開いている全てのウィンドウを最小化する
・「Windows+←または→」→開いているウィンドウを左右いずれかに画面の半分に調節表示する

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ47-01-841

・「Windows+Tab」→起動中のアプリケーション全てを立体的に把握できる

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ7-13-303

・「Windows+L」→ログオフ


インターネット編
・「Alt+←または→」→ページを戻る、進む
・「Ctrl+D」→ブックマーク登録
・「Ctrl+T」→新規タブを表示
・「F11」→ブラウザを全画面モードに切り替え
・「Ctrl+Shift+T」→最近閉じたタブの復元
・「Ctrl+マウスのホイール↓または↑」→ブラウザページ内の文字サイズの拡大縮小が可能


応用編
・「Alt+Tab」→開いているウィンドウすべてを可視化

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ 23-47-16-870

・「Ctrl+Shift+N」→新規フォルダを作成
・「PrintScreen」→画面のキャプチャ・・・ペイントツールに貼り付けてから保存可能
・「Ctrl+Alt+↑または→、←」→画面の回転
・「Shift+Delete」→ゴミ箱の中間ファイルを飛ばして完全削除可能
・「Win++」→拡大鏡・・・拡大鏡の窓が表示されその部分だけ画面の拡大または縮小が可能

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ003

・「Ctrl+Alt+I」→拡大鏡に映る画面の色を反転

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ42-45-328


マウスを使って!番外編
・マウスでウィンドウを掴みシェイクすると開いているウィンドウ全てが最小化、再度シェイクすると表示
・トリプルクリックでURLの全選択や単語などを選択可能です、これは数年前からほぼ毎日使っていた機能なんですが友人に見せたら意外に驚いており紹介してみました。


DVDドライブのついていないPCでDVD再生する方法

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ-11-13 00-38-36-835


ここ最近モバイルパソコンに押されてDVDドライブのついていないパソコンが普及しています。どうせモバイルパソコンで画面も小さいからDVDやBDなんて観ないからオプションから外したという考えの方もいらっしゃるでしょう。しかしちょっとしたソフトのインストールや音楽の取り込みに難がありますよね。わざわざ外付けのドライブを買うのももったいない、という方は、DVDドライブがついているパソコンからドライブのついていないパソコンへドライブの共有が出来るようになります。※前提としてドライブのついたパソコンが必要ということをご了承ください。


手順1ドライブのついているPCの設定
1、ドライブのついているパソコンでスタートから「コンピュータ」を開きます。

2、ドライブを右クリックし「共有」→「詳細な共有」を開きます。

b意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ-19-41-856

3、上部タブの「共有」→「詳細な共有」をクリックしてください。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ1-17-058

4、「このフォルダーを共有する」にチェックを入れて「適用」→「OK」をクリックしてください。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ00-22-12-449

5、下記画像のように「共有」と表示されていればドライブのついている側の設定は完了です。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ-49-698


手順2ドライブのついていないPCの設定
6、パソコン「ドライブのついていない」側で「ネットワーク」を開きます。

7、すると手順1の際に設定したパソコン「ドライブのついている」側の画面に下記画像のようにユーザー名とパスワードを入力する画面が表示されますので入力して「OK」をクリックしてください。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ06-776

8、後は、ドライブのついていない側のパソコンでドライブの中身へアクセスすることが可能です。
※私の場合Eドライブで共有させてあります。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ 00-33-19-462


ソフトを使わずWindows PCをアクセスポイントにする方法

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ13-10-29-684


私は重量の軽さや持ち運びに優れている点から外出する際は必ずといっていいほどモバイル端末をカバンにいれるようになりました。そして旅行へ行った時に泊まったホテルで部屋に備え付けてあるノートパソコンがあったのでインターネットが繋がっているのなら持って来たモバイル端末に無線でただ乗りできると思ったらそのパソコンは、有線のみの接続でした。つまり備え付けのノートパソコンは有線接続なので利用できるがスマートフォンやタブレットからは無線「アクセスポイントがない」接続できませんでした。

さらに家では固定回線をひいてますがモバイル端末を接続する際は、キャリアからか固定回線の無線接続からですのでめちゃくちゃ遅いです。しかし有線で接続したパソコンの回線でアクセスポイント化にした場合、他のスマートフォンやゲーム機などは有線と同じ速度で接続が可能で速度がスムーズになります。話が長くなりましたが、つまりパソコンをアクセスポイント化してモバイル端末へ接続したり高速ブラウジングができるようになる方法の紹介をします。

メリット
・有線接続のみの施設で無線アクセスポイント化するとモバイル端末の接続が可能になる
・有線接続しているパソコンをアクセスポイント化するということは回線速度も有線と同じになるので無線よりも速い
・Windowsが入っているパソコンならソフトはいりません。


手順
1、スタートから「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」→「アダプターの設定の変更」の順で開きます。

2、ローカルエリアを右クリックし「プロパティ」を開いてください。

b意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ2-57-48-799

3、上部タブの「共有」をクリックしてください。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ8-10-821

4、「インターネット接続の共有」の項目でチェックを入れて「OK」をクリックしてください。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ-519

5、下記画像のようにスタートの検索ボックスに「cmd」と入力し「cmd.exe」を管理者として実行してください。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ5-904

6、コマンドプロントに「netsh wlan set hostednetwork mode=allow」と入力してエンターを押してください。
※コピーペースト可能です。

7、続いて「netsh wlan set hostednetwork ssid=SSID名」と入力しエンターを押してください。
*SSID名は任意でつけられますので覚えやすいものに。

8、「ホストされたネットワークの SSID が正常に変更されました。」と表示されるのを確認してください。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ-59-12-035

9、「netsh wlan set hostednetwork key= パスワードkeyusage=persistent」と入力しエンターを押してください。
※パスワードは覚えやすいものに決めてください。

10、最後に「netsh wlan start hostednetwork」 と入力しエンターを押して「ホストされたネットワークが開始しました。」と表示されれば完了です。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ1-13 12-59-17-030


通信速度をギリギリまで向上させる方法

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ4-26-42-193


XPのサポートも終わり7や8へ乗り換える人がいる中、今でもXPの使用率は全体の3割占めています。XPから7や8へ乗り換えたら通信速度が遅くなったという話もよく聞きます。実は7や8の設計上OSが通信速度を自動的に設定されています。そのため100Mbpsの光回線でも5Mbpsとかしか出ないことはよくあることです。私の場合集合住宅で光接続で今までは20Mbpsが60Mbpsに向上しましたので最後の意外と知らないWindowsを便利にする小技まとめとして通信速度をギリギリまで向上させる方法を紹介しようと思います。とても簡単に向上できますので是非試してみてください。※環境によっては、変化しない場合もありしない方が速いなんてこともありますのでご了承ください。


手順Windows7・8
1、スタートから検索ボックスへ「cmd」と入力しコマンドプロントを管理者として起動します。

2、「netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted」と入力しエンターを押してパソコンを再起動すると速度が向上します。

意外と知らないwindowsを便利にする小技まとめ4-09-35-037

・「netsh interface tcp set global autotuninglevel=○○○」の○○○の部分に下記構文を加えると少し速くしたりかなり速くしたり規定値に戻したりできます、工程2では速度が少し速くする設定を適用しています。
・disabled : 規定値
・highlyrestricted : 少し速くする
・restricted : かなり速くする
・experimental : 最大値の速さ「注意」

こちらの環境でテストしてみた結果
・disabled : 規定値→22Mbps
・highlyrestricted→66Mbps
・restricted→58Mbps
・experimantal→57Mbps

という結果になり「highlyrestricted」が一番安定していました。


Windows XPの手順 : コチラのサイトを参考ください。


雑感
さて何か一つでも「こんな機能があったのか!」や「これは便利」と思えるようなWindowsの小技がありましたでしょうか。私からおすすめしたい内容は「DVDドライブのついていないPCでDVD再生する方法」ですかね。これは、ソフトを使わずに元々の標準機能で使えるという点が非常に気に入っています。残りの3つの小技においても全て標準機能で出来ますので時間がありましたら試してみてください。

以上ギャッターでした。
関連記事

スポンサーリンク
[ 2014年11月13日] カテゴリ:Windows・NET小技 | TB(0) | CM(1)
ちょっと違うような
途中ででくる「Windows+L」はログオフでなくてロックだったような気がします。
[ 2015/11/12 19:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
スポンサーリンク